そよかぜ動物病院

そよかぜ動物病院 > 再生医療

再生医療

そよかぜ動物病院では、失われた体の機能を再生する再生医療にも取組んでいます。

再生医療イメージ

近年注目を集めている再生医療とは、動物の体内にある幹細胞と呼ばれる細胞(さまざまな器官や臓器に変化する)を取り出し、培養後体内に戻すことで、失われた臓器や機能を再生します(幹細胞治療法)。また新しいがん療法として注目を集めている免疫細胞療法では、損傷を自ら治そうとする自然治癒力(免疫力)を利用して、体内にできたがん細胞や侵入してきたウィルスを攻撃し、発症や進行を抑える治療法です。
いずれも、自身の細胞をするため、副作用や拒絶反応などの心配がほとんどなく、体への負担が少ない点が特長です。
従来の治療法では完治や治療が困難であった病気や怪我も、再生医療によって、延命や回復を見込むことができます。

幹細胞療法について

幹細胞療法では、2種類の幹細胞を使用します。ひとつは骨髄に含まれる骨髄液中に存在する骨髄幹(こつずいかん)細胞、もうひとつは、皮下脂肪の中に含まれる脂肪幹(しぼうかん)細胞です。 これら骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形づくる細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を形成させることを目的とした治療法です。

幹細胞療法のしくみ



どのような病気やケガに効果的か?

骨折・骨折癒合不全

幹細胞が骨の周囲にある骨膜(こつまく)や、骨細胞、また栄養を運ぶ血管に分化することで、骨折部位を修復します。

脊髄損傷

幹細胞が血管へ分化して、損傷部位の血流を回復することで、神経細胞の伸長を補助したり、骨髄全体の再形成を補助すると考えられます。

炎症性関節炎

関節部分の骨膜や軟骨部分が傷ついたりすると炎症を起こし、歩行が困難な関節炎になります。幹細胞を投与することで、関節に新たな軟骨や骨膜を形成させ、痛みをやわらげたり、炎症を回復させます。

がん免疫細胞療法について

血液に含まれるリンパ球について体外で培養し(およそ1,000倍に増やします)それを再び体内に戻し、がん細胞を攻撃させる療法です。小さなガンや全身に広がったがんに対する治癒効果、切除後のガンの再発予防、副作用がほとんどない、QOL(生活の質)の向上が期待できます。
※大きな腫瘍を小さくすることはできません。投与回数にもよりますが、費用が高額になります。

がん免疫細胞療法のしくみ

免疫細胞療法のQ&A

がんは治りますか?

免疫細胞療法では、進行がんや末期がんは完全に治すのは難しいと思われます。一方がんの進行を止めたり再発防止する効果、QOL(生活の質)を改善する効果は大いに期待できます。がんは再発が最も恐ろしいことですから、手術後にがんの再発を防止することは効果的な治療であると考えられています。

副作用はありますか?

副作用は軽い発熱がたまにみられる程度です。自己のリンパ球ですので、重篤な副作用の報告はありません。

投与頻度はどのくらい?

投与の感覚・回数は症状を見て相談して決めます。標準的な治療では、2週間に1回投与を4~6回、その後は月に1回投与を4~6回行います。その後、検診にて治療の終了、継続を検討します。

他の治療との併用はできますか?

可能です。抗がん剤や放射線治療などとの併用は、お互いの治療タイミングを考慮すれば、むしろ高い効果が期待できると考えています。

入院は必要ですか?

状態によりますが、半日~1日入院が必要です。

費用はどのくらいかかりますか?

投与回数、免疫細胞療法の種類により異なりますので、ご相談ください。

培養設備:コンタミフリー細胞培養装置を採用

インキュベーター組込型のクリーンベンチを採用しています。
無菌室や専用培養室がなくても、不純物の混入を防いで、無駄なく安心して細胞培養が行えるよう設計された、最新の培養装置のクリーンエリアで、幹細胞療法や免疫細胞療法に必要な細胞培養を行います。

このページのTOPへ戻る

そよかぜ動物病院分院オープン!トリミング・ホテル併設!!


診療時間

※2017年4月より本院は火曜・水曜の午後も診療時間となりました。

診療時間

※医師は学会に出席することもあり、
やむを得ず休診することもございます。

診療予約について
予約されなくても診療を受けられますが、予約された方がいた場合にはその患者様を優先とさせていただきます。
予約は前日までに受付に直接または電話でお願いします。
予約されましても緊急対応などで遅れることがありますのでご了承下さい。

アニコム損害保険対応病院です。


アイペット保険対応病院


お問い合わせ電話番号


お問い合わせフォーム(そよかぜ動物病院へのご意見をお待ちしております)
※セカンドオピニオン相談受け付けております。基本的に外来診察に来ていただくことになります。


病院設備案内

ペットの海外渡航(ペットの輸出入)

ペットフード・サプリメント購入

ペットフード・サプリメント購入

さいたま市・そよかぜ動物病院スタッフブログ

病院での出来事、最新ニュースや病院スタッフが思うことなどを、日々更新中です。わんちゃん、ねこちゃんをはじめ、動物たちの病気やケガのこと、予防や食生活など・・・ちょっと真面目な話題から楽しい面白いお話までいろいろ!みなさんのコメントもお待ちしています。


そよかぜペットサロン・ブログ

一緒に働きませんか?獣医師募集中!詳細はお電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

動物取扱責任者
登録番号:第593号
氏名:山崎 泰輔